Tessyのはにゃもんtea

ゲーム、日々の雑記、レビュー等を紹介する日記です。

スプラトゥーン2を初めてやった感想などetc

f:id:ztessy:20170722203127j:imageスプラトゥーン2買えました!

スプラトゥーン仕様のProコントローラもセットで!

マリオカートぐらいなら本体付属のコントローラでできますが、

こういうガチガチのアクションに関しては、

こちらの方がやりやすいと思ったのと、

スプラトゥーン仕様のピンクと緑の色が入ったのが気になったのです。

前提情報

前作は未経験です。

その為、1との比較はできず、

2からやってみようか悩むんむんせーらーむーん(謎)

…という人向けのレビューになります。

 

下記は発売前の記事で事前に書いてました。

購入前の事前イメージです。

とりあえず床を色で塗りまくって、その色の面積が多い方が勝ちなんでしょ?

んで、武器で相手を攻撃して倒すのもありなんでしょ?

ねぇ、そうなんでしょ?ねぇったら。・・・というイメージです。

このイメージに関しては間違っておらず、合っていました。

むしろ相手を倒すのはおまけ、

相手以上に面積を

自軍の色で塗りつぶせば勝ちです。

起動後のあれこれ

すぐに感じたのは、

トップの画面に表示されるイラストがマリオのゲッソーにしか見えない。

まぁ、任天堂だから特に問題ないし、イカの話だしなぁー。

キャラの台詞のフォントが独特で読みづらい。

PCやスマホでもこんなフォント見た事ないわ!てぐらい独特なんです。

慣れていないので、最初見たとき「なんじゃこりゃ」となりました。

 

そして、練習用ステージから開始されます。

ここでインクを放ってみたり、ジャンプしたり、

インクのリロードしたり、イカになってスイスイしてみたり、

基本中の基本の最低限の操作は覚えられると思います。

 

ちなみにジャイロセンサーで対象物に照準を合わせる為、

コントローラーを上下に適正な角度に傾ける必要があります。

 

(実戦だと相手にいる高さに合わせて、コントローラーを傾けなければならず、自分が塗りながら移動しつつ、相手との距離を測りつつ、相手の撃ってくるインクを避けつつを考えると、地味にストレスを感じるなぁー。)

 

なので、この後+ボタンを押した後のオプション設定から、

即オフにしました。

オフにすると十字キー上下左右で照準を合わせられるようになります。

自分はこちらの方が照準が合わせやすく感じました。

 

やがて街(シオカラシティ)へ辿り着きます。

どこに何があるかわかりません。

とりあえず、街を散策して思うのが、

え?!ここはもうオンラインなの?

プレイヤーらしき人が描いたイラストやメッセージが表示されてる!!

軽い衝撃を受けました。

 

そして、まずは「ロビー」で対戦をしてランク4にならない事には、

ブキ屋も、服屋も、帽子屋さえも相手にして貰えません。

 

門前払いされます。

 

そもそもロビーの場所が分からず軽く迷っていると、

Xボタンで全体MAPが開く事に気付きます。

ここから「ロビー」を選択し、ダイレクトに移動できました。

 

(よっしゃ!やったるでー!!)と息巻き、

「ロビー」へ突撃するも、下記の無情なメッセージが流れます。

 

インターネット経由で本体更新をしてください。

 

ホームボタンでホームへ戻り、

ホームメニューの「設定」→「本体」→「本体の更新」で更新。

やり方は下記でも紹介されています。

よし!更新終了!

ロビーへ突撃じゃあああああ!!と今度こそ息巻くも、

インターネット経由で本体更新をしてください。

 

おぃぃぃぃ!

さっきしたやんか、なんでやねん!

 

もう一度、ホーム画面へ戻り確認するも最新バージョンです。

 

はにゃあ?

 

「ロビー」とホーム画面をいったりきたりして、ようやく気付きました。

スプラトゥーンが起動中である事に。

ここでスプラトゥーンをいったん落とすと、

先ほどの更新データをダウンロードされました。

 

軽く焦りましたが、

やっと「ロビー」からオンライン対戦できるようになりました。

オンライン対戦

いきなりオンライン対戦!?

初期装備だけど、大丈夫なんでしょうか。

既に本日は土曜日、発売日から1日経過してしまってます。

先発組は夏休みに突入した学生も含まれております。

下手するとえげつないプレイ時間の差が生じてしまいます。

 

が、結論からいうと、

全く問題ありませんでした。

勝てました。

 

これは今日一日遊んでいて気がついたのですが、

1日という時間差はあるものの、

同様の低ランクのプレイヤーも多く、

4対4のチーム編成も、

ランクの高い人同士は違うチームになっていたり、

低ランクの人もちゃんと割り振られるようになってます。

さすが任天堂ですね。

 

ボタン押しっぱなしでインクを出して塗り、

自軍の色に染めて移動するのですが、

この塗りつつ移動するだけでも楽しいです。

がんばれゴエモンミニゲームの雑巾拭きのようです。

オーバーウォッチのように敵を倒す事も快感なのですが、

また違ったベクトルの爽快感があるんですよ。

何より4人のチーム戦ですので、

自分が下手でも味方がいればなんとかなるという点が素晴らしい。

 

その後も勝ったり負けたりを繰り返しながら、

無事にランク4まで到達しました。

新たなブキ、服、帽子を手に入れようやくスタート地点に立てました。

 

でもこれ、、、

そんな熱中してずーっとやり続けられるんかなぁーと不安になったのが、

7月22日(土)の朝9時の事でした。

 

その後もランクが上がる毎に買えるブキが増え、

その都度、試し打ちをしてどんな感触か触って遊び、

また、ロビーへと出向きオンライン対戦へ入り浸る。

オンライン対戦⇒ランク上昇⇒買えるブキ増加

このハードなループを繰り返していたところ、

気がつけば夕方の7月22日(土)の夕方17時になっていました。

 

気がつけばランク10になっていました。

 

what's!?

時が急速に加速している!!

楽しい時はあっという間に過ぎてしまうものなのですね。

ランクが上がるのに比例して次のランクアップへの必要経験値が増加する為、

何戦もしなければいけません。ですが、ブキを変えてみたり、

戦い方を試してみたりしていると苦痛には感じませんでした。

初心者向けおすすめブキ

ランク10までいろいろなブキが登場します。

その中で自分は前作の経験が無く、

どのブキを使えばいいねん!となりました。

その中で使いやすいと思うブキを2種類紹介します。

スプラローラー

f:id:ztessy:20170722195532p:plain

大きいローラーが付いていて、ベッタンベッタン塗れます。

塗る範囲も広くインクが切れるまでに大量の面積を塗れるので、

コスパめちゃくちゃ良く、塗る快感もあります。

加えてスペシャルに関しても、

そのまま円状の範囲を塗れる為、攻守ともに優れています。

プロモデラーMG

f:id:ztessy:20170722195545p:plain

弾速が早く、撃ちながらけん制しつつ陣地拡大できます。

また撃っていると思いのほか早くゲージが溜まり、

スペシャルは壁に当たると反射する爆弾で敵に当てやすいです。

 

この2つで(主にランク10現在)遊んでいます。

遊んで分かったコツ

オーバーウォッチもそうですが、

ガンシューティングアクションで、必要な能力があります。

 

エイム

「当てたい時に当てたい箇所へ当てる能力」

 

エイムって人が居る訳ではありませんよ?念のため。

照準に合わせて撃っていても、相手に当らなければ意味がありません。

ただどんなゲームでも

自分は当てられないけど、相手はビシビシこちらに当ててくる。

なんてシャアみたいなニュータイプはいるんです。

コウ・ウラキみたいなオールドタイプの人はどうするか?

 

相手を倒す事よりも、

色を塗りたぐって陣地拡大しましょう!

 

そんな強者に付き合っても、自分のデス数が増えるだけです。

デス数が増えるという事は、

それだけ、相手チームに時間を与えてしまっています。

で、あれば、本来の目的(マスト)である、

自軍の色の面積を少しでも増やしてやりましょう。

最終的に勝てば良いんです。

相手を出し抜く戦術

色を塗っているとどうしても相手と対面します。

その際は、絶対に対面で戦いを開始してはいけません。

 

そんな場合はこうやって戦いましょう。

1.一旦、落ち着いて遮蔽物(壁)の裏に隠れます。

2.そのあと、相手の位置をだいたい把握します。

3.イカ状態で潜水し近づき、相手の後ろもしくは横から攻撃します。

 

オーバーウォッチでいうリーパー式裏取り攻撃です。

リーパーというキャラが居るんですが、

相手の裏をかき、後ろから必殺技を浴びせて大量に倒すんです。

自分なんてしょっちゅうやられてます。

 

自分はそんなにうまく無いですが、

この手段を使う事で、ド下手から普通くらいにはなっています。

ここがイマイチ

レビューなのに良い事ばかり書くのは自分は好きではありません。

必ず悪いところもあると思っています。それが以下になります。

各装備の変更が面倒

いったんロビーから退出して、

+ボタンから装備変更を行って、

またロビーに戻らなければいけません。

この一連の流さに多少ストレスを感じました。

ロード中の変更やら、

せめてロビー画面内で変更出来るようにして欲しかったです。

スペシャル用ゲージの減少

相手に倒された際、

自分のスペシャル発動可能なゲージが溜まっていると、減少します。

 

たびたびオーバーウォッチを例に出して申し訳ないのですが、

オーバーウォッチは(※キャラ変更なければ)倒されてもゲージは維持します。

 

その為、うまい人は弱い人(を含む)無双してしまい

うまい人はゲージを貯めてスペシャルの運用し易い半面、

弱い人はスペシャルを使えず、逆転の目を摘むのではないでしょうか。

倒されてもゲージ維持にする事で、

最後の最後まで気が抜けないハラハラドキドキが味わえると思います。

最後に

イカがだったでしょうか。

スプラトゥーンは初めて遊びましたが、

FPSとしての敷居がとても低く、

キルデス数を競う訳でもないにも関わらず、

子どもから大人まで幅広く遊べると感じました。

あ!初のProコントローラでしたが、

これも操作性抜群で使いやすいです。

 

スイッチの本体買えねー云々はさておき、

スイッチを持っていれば買って損はないソフトだと思います。

 

それではイカした週末を送りましょう♪

Splatoon 2

Splatoon 2

 

こちらの記事もどうぞ